知りたいことだらけ♪

知らないことだらけ♪知りたいことだらけ♪

*

復活祭はキリスト教ではとっても深い意味があるのです

SPONSORED LINK
 

子供が小学校でALTの先生に卵型のチョコレートを貰ったそうです。

『あっ、復活祭やな?』

とは言ったものの…
復活祭って何だ???
ってなってしまいました。
 
復活祭って何なんでしょうね?今更聞けないって思ってるあなたに、こっそり教えちゃいます。
 

SPONSORED LINK
 


 

復活祭とは?

確か、中学の頃の英語の教科書に復活祭のマンガみたいなのが掲載されてたのですが、意味がわかりませんでした。でも、そんなことには興味がなかったのでスルーです。

そこで、ALTの先生に教えて貰ったという娘に聞いてみたところ、

『キリストが処刑された後、3日後に生き返ったんやって。
ほんで、キリストが死んだ日から3日間はお祝いするらしいわ。』

という回答でした。
調べてみたところ、ほぼ正解でした。

どうやら、キリスト教では最も重要な祭典行事だそうです。
キリスト教ではないので関係ないのですが…
(クリスマスも関係ないですよね)

復活祭復活祭はその年によって日が違うようです。
2013年は3月31日、2014年は4月20日、2015年は4月5日になっています。
これは、教会暦では移動祝日、移動祭日と言われるそうですが、復活祭が最も重要な祝日となる為、他の移動祝日は復活祭を元に決定されるそうです。
ちょっと不思議な取り決めですね。

復活祭は卵でお祝い?

復活祭と言えばです。
色んな色に塗られた卵を…
どうするんですか?

イースターエッグは鶏の卵を染めたり色を塗って、復活を祝うために飾るのが習慣です。

何故卵???

実は、卵というのは復活の象徴だそうです。
キリストが生まれ変わるということを卵に結びつけたということですね。
それから、ウサギも良く見かけます。
イースターバニーと呼ばれるものですね。
これも同じく、ウサギは多産ということで、生まれることの象徴とされているようです。
更に、ウサギが跳ねる様子が生命の躍動を表しているとも言われています。

クリスマスより復活祭の方が重要!?

日本ではまだ馴染の少ないと思われる復活祭(イースター)ですが、実はキリスト教ではクリスマスよりも重要な祭典なのです。

クリスマスを現在のように祝うようになったのは4世紀頃からだそうで、復活祭に比べると、比較的新しいということです。

日本でも少しずつ復活祭が盛り上がり、祝日になったりするといいですけどね。
それは恐らくないでしょう。

SPONSORED LINK
 

 - 各種資料と情報源 , , ,

         

  関連記事

新緑の候!5月の挨拶文に困ったら・・・

SPONSORED LINK   何かもう一工夫欲しいですよね。 というわけで、 …

母の日に花を贈りませんか?

SPONSORED LINK   母の日のプレゼントはやっぱり花ですね 母の日の …

ラジオのFMとAMの違いを小学生レベルで教えて!!

SPONSORED LINK   あなたはラジオのFMとAMの違いを説明できます …

敬老の日のプレゼントは何にしましたか?

SPONSORED LINK   そう言えば、敬老の日でしたね。そもそも、敬老の …

端午の節句の兜の意味は結構なこじつけだった?

SPONSORED LINK   写真はうちにある兜です。息子が生まれたときに義 …

昨日は結婚記念日!15年目は何婚式?

SPONSORED LINK   昨日は15回目の結婚記念日でした。   15年 …

「三寒四温」の正しい使い方

SPONSORED LINK   もうすぐ春・・・ という頃になると、決まって芸 …