知りたいことだらけ♪

知らないことだらけ♪知りたいことだらけ♪

*

ピオーネの皮のむき方がわかった!でもむかない方が良い?

SPONSORED LINK
 

昨日、嫁さんの実家から
「葡萄を貰ったから持っていくわ」
と、連絡がありました。数分後に義父が持ってきてくれたのは、何とピオーネだったんですね。ちょっとびっくり。

ピオーネってかなり高級な葡萄ですよね。楽天で調べたら、2房で3,000円くらいが相場みたいでした。

黒い真珠とまで言われるピオーネ、とっても美味しく頂きました!!
 

SPONSORED LINK
 


 

ピオーネの皮の剥き方は簡単!

早速ピオーネを食べようと思って、水洗いして、皮をむいて食べることにしました。

ところが、この皮がなかなかむけないのです。皮の厚みがかなり厚い。そして、むいている内に親指の爪のところが痛くなって来たりして・・・かなり苦労しました。

ピオーネの皮をむくのってこんなに大変なの?

って、思って、何か良い方法がないかと調べてみました。
 

ピオーネの皮を簡単にむく方法

調べてみると、すぐにその方法を見つけることができました。ピオーネの皮をむく方法はとっても簡単です。

まず、実を1個取り出します。そして、穴の開いていない方から爪楊枝で切り込みを入れます。その切り込みのところから皮をむきます。

たったこれだけ。

他にもありました。

房からジクを取るときに皮を横に引いておきます。次に、ティースプーンを実と皮の間に差し込みます。そのまま回転させるます。

この方法も試してみましたが、これまた上手にむくことができました。

どちらの方法も簡単なので、是非やってみてください。
 

SPONSORED LINK
 


 

ピオーネの皮の栄養価

ピオーネの皮を簡単にむく方法は実に簡単に見つかり、大変満足しています。

しかし・・・

とんでもないことが発覚しました!!実は、ピオーネの皮は栄養が豊富だったのです。

ピオーネの皮にはアントシアニンなどのポリフェノールが豊富に含まれているのです!!

ポリフェノールと言えば、動脈硬化なんかに効果があるということで有名です。そして、アントシアニンもこれまた健康食品でよく耳にする成分ですよね。

そうです。

視力回復に良いとされる成分ですね。

それだけではありません。皮にはタンニン、カテキン、レスベラトロールも含まれているそうです。特に、レスベラトールは癌抑制作用もあるとされています。

これだけの栄養を全て捨ててしまっていたのです。
 

ピオーネは皮ごと食べよう!!

ピオーネの皮を捨ててしまうのは非常に勿体ない話だということがわかりました。

では、皮も食べた方が良いのかという話ですが・・・

どうやらピオーネは皮ごと食べられる葡萄なんだそうです。全然知りませんでした。

だからと言って、必ずしも皮ごと食べる必要があるというわけではありません。そこはお好みに合わせて食べてください。

皮ごと美味しく食べる方法の一つとして、冷凍して食べるという方法もあります。なかなか勿体なくて冷凍するということはできませんが・・・

今度機会があればやってみたいと思います。

SPONSORED LINK
 

 - 生活と文化

         

  関連記事

コーヒーの効果

SPONSORED LINK   コーヒーの効果 あなたはコーヒー好きですか? …

麹から作る甘酒の効能が凄い!飲む点滴とまで言われる理由は?

SPONSORED LINK   子供の頃から甘酒が大好き!!お酒は今でも苦手な …

おからクッキーを自分で作ってダイエットしてみた件

SPONSORED LINK   実は、ここ1年くらい昼食は食べないようにしてい …

母の日にカーネーションを鉢植えで贈ったけど育て方が難しいって本当?

SPONSORED LINK   母の日にカーネーションをプレゼントしよう!! …

DIYでアプローチ!石を貼り付けて素敵な庭に!

SPONSORED LINK   念願のマイホームを手に入れましたが・・・ そん …

敬老の日にメガネケースを・・・

SPONSORED LINK   もうすぐ敬老の日ですが、何かプレゼントは贈りま …

サボンボディスクラブ蓋の開け方がわからない?

SPONSORED LINK   妻が、こっそりとボディスクラブというのを買った …

結婚式の前撮りは本当に必要か・・・と問われたら?

SPONSORED LINK   先日、姪の結婚式に参加して、昔と比べると随分変 …

梅雨と食中毒

SPONSORED LINK   2014年の梅雨入り 昨日、九州地方は梅雨入り …

七夕はなぜ願い事をするの?「仮面ライダーになりたい」もアリ?

SPONSORED LINK   数年前、幼稚園に通っていた息子との会話です。 …