知りたいことだらけ♪

知らないことだらけ♪知りたいことだらけ♪

*

高学年課題図書『ふたり』の感想

SPONSORED LINK
 

『ふたり』  福田 隆浩 (著)

主人公の小学6年生の准一は転校生の佳純がいじめられていることに気付いた。
佳純の机の中にクラスの女子が雑巾を入れているところを目撃してしまったのである。
そのことがどうしても気になって、放課後に教室に戻ってきた准一。
同じようにクラスの女子の行動に気が付いていた佳純も戻ってきた。
そこで、ひょんなことから、二人は同じミステリー作家の月森和のファンであることを知る。

そこから、二人っきりで図書館に通うようになり、月森和に関する秘密を探ることになる。
月森和は別名で全く別のジャンルの本を書いているというのだ。
そして、そのヒントが月森和の刊行本の中に示されているらしい。
そのことを知った二人は図書館で謎解きに夢中になる。

やがて二人は秘密を解き明かし、その作家のサイン会に参加することにしたのだが・・・

小学6年生の淡い恋と友情の物語。
 

SPONSORED LINK
 


 

『ふたり』を読んだ感想

娘が読書感想文を書くために購入したのですが、娘より先に読んでしまいました。
途中まで読み進めると、続きが気になり、一気に読んでしまいました。

物語は主人公の准一の視線で描かれた章、佳純の視線で描かれた章、准一の視線で描かれた章・・・という形で書かれていて、とても面白いです。
若い頃に読んだ【静と情熱のあいだ】を思い出しました。

物語の内容としては、最近の小学生にありがちないじめの問題や両親の離婚の問題、中学受験などをうまく取り入れ、リアルに描かれていると感じました。
小学生の純粋な心もリアルに描かれているので、読んでいて心温まる作品です。

ただ、小学生がこの本を読んで読書感想文を書くのは非常に難しいのではないかと感じます。
リアル過ぎて・・・
どこに焦点を当てるかという問題ですが、いじめや離婚や恋愛を題材として感想文として書くのは難しいのではないでしょうか?
いじめのことを自分に置き換えて書くということができるなら良いと思いますが。

しかし、改めて考えると、最近の小学生って本当に大変だなあって思いますね。
 
【関連記事】
課題図書『カブトムシ山に帰る』のあらすじ
【まよなかのたんじょうかい】あらすじ
2015年の課題図書!小学校中学年向けの本を読んでみた!
読書感想文を書く前に・・・【課題図書2014】
読書感想文の書き方について考えてみよう
読書感想文の書き方のコツ
6年生!読書感想文を書くならこの本がオススメ!

SPONSORED LINK
 

 - 教育 ,

         

  関連記事

幼稚園の卒園式!服装で迷ってる父親必見!気楽に参列しよう!

SPONSORED LINK   あの頃の息子は可愛かった・・・ そんなことを思 …

小学校の修学旅行!お小遣いは余分に持たせる?

SPONSORED LINK   来週は娘の小学校の修学旅行。実は、お小遣いで迷 …

高校入試 面接のポイント教えます!

SPONSORED LINK   高校入試で面接を受けるっていう人も結構多いです …

おやじの会の活動を通じて子供達と触れ合いを・・・

SPONSORED LINK   今年度の会長をさせられております、正人です。 …

卒業の想い出にDVDを!作り方はとっても簡単!

SPONSORED LINK   剣道を指導しているI君はもうすぐ中学校を卒業で …

10円玉ピカピカの自由研究!たった30分で実験終了?

SPONSORED LINK   小中学生の夏休みの最大の敵と言えば、自由研究で …

謝恩会は大変!幼稚園編

SPONSORED LINK   先日、職場の後輩A君からちょっとした相談を受け …

モーターを自作して自由研究で発表しよう!

SPONSORED LINK   小学4年生の息子がおもちゃの車で遊んでいたので …

読書感想文の書き方について考えてみよう

SPONSORED LINK   夏休みの宿題でメインとなるのはやはり、 読書感 …

あじさいの色を変える方法!庭のあじさいをより綺麗に!

SPONSORED LINK   どうやら娘は小学校の先生に聞いたようでした。丁 …