知りたいことだらけ♪

知らないことだらけ♪知りたいことだらけ♪

*

温泉卵を使ったレシピ【超簡単】

SPONSORED LINK
 

超簡単な温泉卵の作り方

温泉卵温泉卵を自分で作ったことがありますか?

温泉卵とは、その名前の通り、温泉に浸けておくとできるものです。
半熟卵のようなものですが、通常の半熟卵より白身が柔らかいのが特徴です。

卵黄の凝固温度が約70℃、卵白の凝固温度が約80℃なので、卵黄の凝固温度が卵白の凝固温度より低い状態を保つとうまい具合に出来上がります。
温泉の温度が丁度この温泉卵を作るのに適した温度らしいということですね。
つまり、65~68℃程度の湯に30分程度浸けておくことで、温泉卵はおいしく頂くことができます。

実はうちにはかつて【温泉卵器】がありました。
お湯を入れてその中に生卵を入れておくと、数分後には温泉卵ができあがるというものです。
しかし、これがなかなか上手にできない!!
できたかどうか確認するには卵の殻を割らなければならないし、まだ出来ていないとわかっても元に戻すわけにもいかないというやっかいな状態です。

しかし、凄く簡単な方法を知ってしまいました。

それは、電子レンジを使って調理する方法です。
超~~~簡単だったので、実際にやってみました。

まずは、生卵を準備します。
電子レンジ対応の容器の中に卵を割り入れます。
温泉卵1

その中にを入れます。
色んな人のやり方を見ると、水の量は特に決まっていないようですが、100mlくらいが目安のようです。
卵の上まで水が被さるようにしてください。

その後、爪楊枝や串で黄身に3か所くらい穴を開けます
穴を開けないと、卵黄が爆発するかもしれないので必ずやっておきましょう。

その後、電子レンジで約1分間温めます。
うちの電子レンジでは600Wで約50秒~60秒でした。
60秒ではちょっと固まり過ぎのような気もしたので、やりながら時間調整してみてください。

一応、出来上がりはこんな感じ。
温泉卵2

最後に水を捨ててください。

温泉卵を載せたぶっかけうどん

温泉卵を使ったレシピと言えば…
そのまま食べても美味しいですね。

でも、今日はぶっかけうどんにしてみました。
しかも、うどんも冷凍うどんをレンジで4分間温めればできあがるというすご技です。

レンジで温めた冷凍さぬきうどんに市販のだしつゆを掛けて完成!!

今日は鍋を使わない超簡単レシピでした。
出来上がりはこんな感じです。
ぶっかけうどん

トッピングに刻み海苔(味付け海苔を切った)のと、残り物の天かすとネギを載せてできあがり。

超簡単、超美味しい料理です。

SPONSORED LINK
 

 - 生活と文化 , ,

         

  関連記事

暑中見舞いが届いた・・・暑中見舞いの時期っていつまで?

SPONSORED LINK   昨日、帰宅したら小学校の先生から暑中見舞い葉書 …

コバエ対策

SPONSORED LINK   この季節、コバエが大量発生しますよね。って、う …

自転車の雨カバー!子供が濡れない安全な方法はコレ!

SPONSORED LINK     こんな感じの子供用の雨カバーを自転車に装着 …

薄力粉と強力粉の違い

SPONSORED LINK   うちでは薄力粉は良く使うのですが、強力粉は殆ど …

DIYで簡単すのこの棚作り

SPONSORED LINK   DIYで棚作り DIYで棚を作ろうと考えたこと …

DIYでアプローチ!石を貼り付けて素敵な庭に!

SPONSORED LINK   念願のマイホームを手に入れましたが・・・ そん …

敬老の日にメガネケースを・・・

SPONSORED LINK   もうすぐ敬老の日ですが、何かプレゼントは贈りま …

仲秋(中秋)の名月をつまんでみた

SPONSORED LINK   息子に教えられたのでした。で、本当に今日は満月 …

父の日ギフトの人気商品

SPONSORED LINK   父の日は6月の第3日曜日です。 日本の場合です …

雛人形の片付けはいつするの?片付けられない時どうする?

SPONSORED LINK   毎年毎年ひな祭りを楽しみにしている娘の心とは裏 …