知りたいことだらけ♪

知らないことだらけ♪知りたいことだらけ♪

*

富山のチューリップ見に行くならやっぱりGW!ちょっと裏ワザ公開!

今年のGWは休みが取れそうやし、どこか行こか?

それなら、一度行ってみたかった所があるんやけど!

ん?どこ?どこ?遠いとこは無理やで。

富山!GW頃にはチューリップが凄いんやって。

富山のチューリップというのは聞いたことがありますが、そんなに凄いとは思っていなかったのです。
 
たかがチューリップでしょ?
チューリップなんか春になればどこでも見られるし・・・
 
と思っていたのですが、調べてみてびっくり!富山のチューリップは想像以上に有名でした。

う~~~ん・・・行ってみたい!!でも、GWはやっぱり混み合いますよね。車を運転するお父さん方は少しでも混雑を避けたいところ。
 
 
というわけで、今日は富山のチューリップに関するリサーチをかなり真剣にしてみました。是非参考にしてみてください。
 

SPONSORED LINK
 


 

となみチューリップフェアに行ってみよう

富山のチューリップと聞くと、漠然としたイメージですが、実はGWには毎年大きなイベントが開催されているのです。それがとなみチューリップフェアです。

2015年のとなみチューリップフェアは4月23日(木)~5月6日(水・振休)に砺波チューリップ公園で開催されます。
 
 
 
チューリップフェアの良さを言葉で色々説明しても半分も伝わらないと思いますので、2014年のチューリップフェアのダイジェスト動画をご覧ください。

 
いかがでしょう?かなり癒されますよね。広大な敷地に広がるチューリップの花壇は圧巻です。

何と言っても見所は国内最多の600品種のチューリップですね。チューリップがそんなに品種があったことにも驚きですが、そのチューリップが250万本も栽培されていることにも更に驚きました。

水上花壇もとっても綺麗ですね。

動画内ではカメラを構えている人が沢山居られますが、こんなに綺麗なチューリップが沢山あったら撮影したくなる気持ちも良くわかります。
 
 
さて、行きたくなったら肝心なのがアクセスですね。
そこで、車で行く場合のアクセス方法をご紹介しておきましょう。

地方都市は車社会。電車だと何かと不便ですので、行くなら自家用車、もしくはレンタカーがおススメですよ。
 

SPONSORED LINK
 


 

関西方面・名古屋方面からのアクセスは?

私が富山方面へ自家用車で行こうとすると、必然的に北陸自動車道を使用することになりますが、関西方面や名古屋方面からの場合はどうでしょうか?

関西方面・名古屋方面からのアクセスは、2種類のルートが考えられます。

  • 名神高速道路 → 米原JCT → 北陸自動車道 → 砺波IC
  • 名神高速道路 → 一宮JCT → 東海北陸自動車道 → 小矢部砺波JCT → 砺波IC
  •  
    北陸自動車道を利用するか、東海北陸自動車道を利用するかという違いです。名古屋方面からのアクセスなら、東海北陸自動車道を利用した方が良いでしょう。

    但し、東海北陸自動車道を利用する場合には一つだけ注意点があります。それは、白川郷あたりで渋滞する可能性が非常に高いということですね。

    運次第かもしれませんし、その辺りは何とも言えませんが。
     
     
    一方、大阪方面からのアクセスの場合、米原から一宮まで約1時間も掛かりますのし、東海北陸自動車道を利用しようとすると遠回りになります。ですから、北陸自動車道の利用をおススメします。
     
    渋滞を回避しようと考えた場合は米原JCTから北陸自動車道へ入った方が良いかも・・・
     
    チューリップ写真1
     

    チューリップ公園付近の駐車場情報と渋滞予測

    やはりGWにはどこの観光地も渋滞しますが、チューリップ公園付近でも同様に大変混雑するようです。では、少しでも渋滞を回避するにはどうしたら良いでしょうか?
     

    混むのはGW後半

    チューリップフェアは2015年の場合は4月23日から開催されていますが、毎年の傾向では5月に入ってからの方がお客さんが多いようです。

    つまり、最も混むのはGW後半ということになります。ですから、できる限り人の少ない時を狙うのであれば、チューリップフェアが開催されているGW前が狙い目!

    但し、チューリップの開花は5月の初旬に満開になるように調節されているようなので、4月23日頃だと、まだ咲いていないチューリップも多いかもしれません。

    その辺りは少しがっかりするかもしれませんので、予めそういうものだと割り切った方が良いでしょう。
     
    チューリップイラスト1
     
    また、チューリップフェアが終わってからもしばらくは花が咲いているということですので、どうしてもGWには行けないという場合はチューリップフェア終了後に訪れてみては如何でしょう。

    ちなみに、チューリップフェア終了後には入場料が無料になるのです!但し、チューリップフェア終了後に3日間は閉園されるとのことですので、その点だけ注意してください。
     

    気になるチューリップ公園周辺の渋滞

    会場となりますチューリップ公園へは、高速道路のインターチェンジは砺波インターを利用するのが一般的です。

    しかし、砺波インターで下車するとどうしても渋滞にはまる可能性が高くなってしまいます。

    そこで、北陸自動車道を下車するインターは「小矢部」「高岡砺波スマートIC」「小杉」を利用することで、渋滞を避けられる可能性があります。

    高岡砺波スマートICは2015年3月に供用が開始された新しいインターチェンジです。ですから、知らない人も多い可能性もあり、狙い目ではないでしょうか。

    カーナビ任せだとどうしても砺波インターで下車させられてしまいますよね。そこをあえて、勇気を出してカーナビを裏切り、違うインターで下車してみてください。
     
    きっと渋滞にはまる可能性も少なくなるに違いありません。
     

    チューリップ公園付近の駐車場

    チューリップ公園付近には当然駐車場がありますが、やはり混雑するGW後半には周辺駐車場に車を停めるのは困難なようです。

    チューリップフェア開催中は無料のシャトルバスが運行していますので、少し遠い臨時駐車場に車を停車させてからシャトルバスを利用した方がイライラすることもないかもしれません。
     
     
    オススメの臨時駐車場は市立砺波総合病院または庄西中学校です。勿論シャトルバスの乗り場になっています。砺波駅周辺の駐車場を利用するのも確実かもしれませんね。

    市立砺波総合病院の地図を掲載しておきます。

     
    尚、庄西中学校の位置はチューリップ公園を挟んで反対側(東側)になります。
     
     
    ところで、どうして富山はチューリップが有名なのでしょう?折角富山に行くならちょっとだけ予備知識として一緒にお勉強してみましょう。
     

    なぜ富山はチューリップ?(おまけ)

    チューリップの栽培量は新潟県と富山県で国内のほぼ100%を占めるそうですが、それは何故?ちょっと不思議に思いませんか?
    チューリップイラスト2
     
    実は富山県はチューリップ栽培にとても適した土地なのです。
     
    チューリップ栽培に適した条件は以下の通りです。

  • 積雪量が多い
  • 透水性が良い砂質土壌である(庄川の扇状地)
  • 水量が豊富
  • 日照時間が長い
  •  
    冬の間、チューリップの球根は雪の下保護されます。チューリップは低温でなければ根を張らないそうです。また、アブラムシなどの害虫に対しても低温が良いようですね。

    それから、チューリップはとても水分を吸収するらしいので、雪解け水によって水量豊富な庄川の扇状地はチューリップ栽培には最適と言えます。
     
     
    かつて水稲単作地域だった砺波平野は、冬場の水田の有効活用ということで試行錯誤を繰り返し、大正7年からチューリップ栽培を始められたそうです。

    その当時はチューリップは大変珍しく、高値で売買されたことから、チューリップ栽培が盛んに行われるようになったということです。
     

    まとめ

    富山のチューリップについて色々と書いてみましたが、いかがでしたか?

    チューリップ写真2
     
    富山のチューリップで有名なのが、GWに開催される「となみチューリップフェア」です。

    例年の情報によると、最も綺麗なのがGW後半のようですが、一度に開花しないように調節して栽培されいているので、チューリップフェアが開催されている間はいつでも綺麗なチューリップを見ることができるでしょう。

    ただ、やはりGW後半は混み合いますし、駐車場の確保にも苦労することが予想されます。そういう場合には少し遠い臨時駐車場(市立砺波総合病院や庄西中学校)や砺波駅周辺のパーキングを利用し、無料シャトルバスを利用して会場に入るのがおすすめです。

    尚、チューリップフェアの詳細については、チューリップ四季彩館のWebサイトをご覧ください。

    四季彩館のサイトにはWEBカメラもあるので、出掛ける前に開花状況なんかをチェックすることもできますね。
     
     
    GWはどこへ行っても混み合うからどこへも行きたくな~~~い!!
     
     
    っていうお父さんも多いと思います。私もそう思いますが、ここは家族の為にちょっと頑張ってみませんか?チューリップを見て癒されたら、疲れも吹き飛ぶかもしれませんよ。

    SPONSORED LINK
     

     - 地域情報

      関連記事

    列車
    青春18きっぷで旅をしよう!

    青春18きっぷとは、とってもおトクなJRの切符です。ナント!!JR全線の普通列車 …

    スペイン村
    志摩スペイン村20周年!!

    夏休みは志摩スペイン村がオススメ 志摩スペイン村が20周年だそうです。 オープン …

    首里城
    沖縄旅行!首里城周辺の駐車場事情について調べてみました

    沖縄旅行の最終日に首里城の見学に行くことにしたのですが・・・ よくありますよね。 …

    すき焼きイラスト
    鴨料理の本場と言えば滋賀なの?冬の鴨鍋は最高!!

    今度、友達が名古屋から遊びに来るんですけど・・・ 美味しい鴨鍋のお店知りませんか …

    紅葉
    鶏足寺の紅葉はとってもキレイ!駐車場が遠いのだけが残念?

    紅葉ってキレイですよね。 特にもみじ。 私はほぼ毎年家族と出掛けています。 私の …

    19_large
    沖縄の青の洞窟!冬は入れない確率が高いのは何故?

    沖縄旅行3日目。 この日は朝10時から青の洞窟シュノーケルの予約をしていたので、 …

    ゲート
    ひらかたパークのアトラクション!料金ちょっと高くない?

    今年の夏休みはどこへ行こうかと悩んでいたところ、 ということで、初めてのひらかた …

    なばなの里1
    なばなの里イルミネーションは期間ギリギリがおすすめ!

    というわけで、なばなの里のウィンターイルミネーションを見に行ってきました。イルミ …

    地蔵盆
    今日は地蔵盆?

    地蔵盆というのは全国的な行事だと思っていたのですが、調べてみると近畿圏しかない行 …

    田植え
    田植え体験を子供と一緒にやってみよう!

    私が住んでいる地域は園風景が広がっています。私の家の前も後ろも大きな田んぼだった …