知りたいことだらけ♪

知らないことだらけ♪知りたいことだらけ♪

*

スキーとスノーボード!今から始めるならどっち?

冬になると、やっぱりウインタースポーツ!新入社員のK川君は会社のスキー旅行に誘われたそうですが・・・

K川君
会社のスキー旅行に誘われたんですけど、スキーもスノーボードもしたことないんですよね。?

スキー旅行か。いいね。僕は行ってる余裕ないけど。
で、スキー?スノーボード?どっち?

K川君
どっちがいいんですか?スノーボードの方がモテそうですよね。

スキーだって上手かったらモテるし、スノーボードだって下手くそなら話にならないよ。

K川君
やっぱりそうですよね。じゃぁ、どっちがオススメですか?

どちらも同時に始めるとなると、金銭的な負担が大きいだけではなくて、時間も必要ですし、結局どっちつかずってことになりそうですよね。

ですから、始めるならどちらかを選択した方が良いでしょう。究極の選択というわけではありませんが・・・
 
スキーイメージ1
 
実は私は、学生時代はスキーを、社会人になってからはスノーボードをするようになりました。

つまり、下手くそながらもスキーもスノーボードもどっちも経験しているので、それぞれの長所短所を知っています。

ですから、今日は職場の可愛い後輩K川君の為に
 
スキーとスノーボードの違いについて
 
知ってる知識に加えてかなり詳しく調べてみましたので是非ご一読ください。スキーとスノーボードの選択を強いられている方は必見です!!
 

SPONSORED LINK
 


 

スキーとスノーボードはどっちが楽しい?

スキーかスノーボード、どちらも板の上に乗り、雪の上を滑るスポーツです。その点は同じです。そして、体重の掛け方、カーブの曲がり方などは両者ともコツは同じではないかと思います。

では、一体何が違うのでしょうか?

個人的なイメージで言うと、スキーとスノーボードでは楽しみ方が違うということではないかと思います。そんな楽しみ方の違いをわかりやすく書いてみました。

それを踏まえた上でどちらかを選択ということを考えてみてください。

スノボ1
 
これからスキーまたはスノーボードを始めるという人という前提で考えてみました。


スキー スノーボード
スピード感
上達の早さ
安全度
最初の安心感 ×

 
それでは、詳しく見ていきましょう。
 

SPONSORED LINK
 


 

スピード感を楽しみたいならスキー

スキーもスノーボードも同じ程度の技術レベルとして考えた場合、速度が速いのはスキーです。但し、特に障害物の無い斜面の場合ですが。

まず、スキーは板が2本ありエッジも2か所が使用可能。そしてスキーの方が細くて長いのでスノーボードよりも直線安定性があると言えます。雪面との摩擦もスノーボードの方が大きく不利ですね。
 
スキー場イメージ2
 
スタートダッシュということを考えてみましょう。

スキーの場合はストックが使えるので、どんな時でも加速が可能です。逆にスノーボードの場合は何も無い状態からのスタートとなるので、加速はゆっくりとなります。

また、スキーは前向き、スノーボードは横向きということもあり、スノーボードは速度が速くなると恐怖感というものも芽生えます。

一般にスキーでは時速70㎞以上での走行も可能ですが、スノーボードの場合は時速70㎞で走行した場合、かなりの恐怖を感じることになるでしょう。
恐らく普通の人は無理だと思います。

ですから、スピードを楽しみたいならスキーを選択するべきでしょう。

ちなみに、スノーボードのアルペン(アルパイン)でもスキーの速度には敵いません。
 

上達度合いが早いのは?

スキーは殆どの人がすぐに滑れるようになるでしょう。但し、直線のみ。

また、スキーの場合は初心者と上級者では滑り方が違います。ですから、スキーは初心者は初心者として上手に滑れます。

その点、スノーボードは最初の内は全く滑れません。しかし、初心者も上級者も基本的な滑り方は同じなので、ちょっとしたコツを掴めば上達が早いのはスノーボードではないかと思います。

スノーボードはターンができるまでに普通レベルの人なら2~3日で到達できるでしょう。そこまで行けば、そこそこ上手に滑れているイメージです。逆にスキーの場合は、少しターンができる程度では上手に見えませんよね。

そう考えると・・・
 
すぐに滑れるのはスキー、上達速度が早いのはスノーボードと言えるでしょう。

最終的に突き詰めて行くなら、結局同じくらいの時間と練習量が掛かるとは思います。ただ、スノーボードの方が短期間で上手になったように見えるというだけの話です。
 

パークを楽しめるスノーボード

最近のスキー場にはスノーボード専用のパーク(ハーフパイプ等)が設置されているところが増えてきました。多くのボーダーが跳んだり跳ねたりして楽しんでいますね。

これはスキーではなかなか楽しめません。実際にできないというわけではありませんが、そこまで辿り着こうと思うと、かなり技術を磨か掛ければならないでしょう。

その点、スノーボードなら初心者でも勇気さえあれば大丈夫。

跳んだり跳ねたりというのに憧れるならスノーボードです。
 

危険なのはスキー?怪我が多いのはスノーボード?

最初に言っておきます。

スキーもスノーボード案外危険なスポーツです!!

特にスノーボードをすると小さな怪我や打撲が非常に多いです。でも、本当に危険なのはスキーの方なんですね。

スキーに対してスノーボードの怪我の確率は約1.5倍と言われています。しかし、反対に致死率はスキーの方が圧倒的に高いのです。
 
どうしてでしょうか?

それは転倒した時の状態によります。スノーボードは転倒した時にスノーボードがストッパーの役割をするので体だけが滑ることはありません。

しかし、スキーの場合は板がブーツから外れる仕組みになっているので、スピードの出た状態のまま何かに衝突ということが起こり得ます。

スキー板が何故簡単に外れるのかと言うと、骨折防止です。ですから、スキーの方が骨折する事故というのは少ないのですが、逆に致死率が高いという結果になってしまいます。

但し、確率が高いと言っても、周りではそういう人を見たことがないのでそんなに危惧する必要はないでしょう。特に初心者の内は安全です。

つまり、怪我が多いのはスノーボード、本当に危険なのはスキーということになります。
 

スノーボードは上達してもコケる?

スノーボードはコケるのを楽しむスポーツではないかと思うくらい、コケます。技術が上達し、どんなに上手になってもコケるのではないでしょうか。

オリンピックなんかを見ていても、スキーよりもスノーボードの方がコケてる映像が非常に多いですよね。

本当にコケます。上手になればなるほど、豪快なコケ方をするでしょう。逆に、下手な時の方があまりコケないかもしれません。

それがスノーボードです。




 

スキーは初心者でもそれほどコケない?

一方、スキーは最初のうちはコケますが、上達すればするほどコケなくなるスポーツです。

両足が別々の板に乗り、手にはストックを持っているので比較的姿勢もバランスも安定するからです。初心者の人でもコケないように滑ることは可能です。

また、前述しましたが、スキーの場合はコケても怪我をすることは少ないと思われます。転倒する場合は横向きが多く、スピードが出ていたとしても、転倒時にスキー板が外れる仕組みになっているので骨折も少ないようです。

スキー場イメージ

逆に、スノーボードは常に危険と隣り合わせのようなイメージです。いわゆる逆エッジと呼ばれる現象が危険な要因です。

逆エッジとは、体重を掛けているつもりの反対側のエッジが雪に刺さってしまい、突然コケることになります。基本的にスノーボードで転倒する場合は前後方向しかありませんが、逆エッジの場合は自分で転倒することが予測できないので非常に危険です。

ですから、頭部・首を痛めるケース、手首を痛めるケースが多いですね。

ただ、逆エッジはスノーボードを上達しようとすると避けては通れない道なのです。逆エッジを経験せずにスノーボードが上達したと言う人がいたら会ってみたいくらいです。

それくらい、スノーボードをしていると普通に起こり得ること。そして、逆エッジを乗り越えることで技術も上達していくイメージです。

つまり、スノーボードは常に身近な危険を感じながら楽しむスポーツ。スキーは大事故に発展するケースは稀なので比較的安心しながら楽しめるスポーツではないでしょうか。
 

スキーよりもスノーボードの方が恐怖を感じる

スキーは前向きに滑るスポーツ、スノーボードは横向き(斜め)に滑るスポーツです。

人は前に進むことに対して恐怖を感じることは少ないようです。よって、スキーよりもスノーボードの方が恐怖を感じることになるでしょう。

それだけではありません。

スキー板は2枚、スノーボードは1枚の板に体重を乗せなければなりません。つまり、スキーは左右の足が比較的自由に動かせるのです。ですから、多少バランスを崩したとしても、左右の体重移動も比較的容易なのでバランスを修正することも比較的容易。

しかし、スノーボードの場合は左右の足をバラバラに動かすことができません。体全体を使わなければ体重移動ができないのです。

ですから、スノーボードでバランスを崩した時バランスを修正することは困難になります。前述しました逆エッジもこのようなバランスを崩した時に起こります。
 

まとめ

今日は職場の後輩K川君がスキーかスノーボードのどっちをするかということで悩んでいたので、私なりに考えてみました。

もし私が今からスキーかスノーボードのどっちを始める?と聞かれたとすれば・・・

スノーボード!!

と答えます。

恐らく、スノーボードはある程度上手そうに見えるレベルにすぐに到達することができます。しかし、問題はそこから。

スノーボードの場合は殆どの人がフリースタイルから入ることになると思います。フリースタイルで入門。そして、ある程度滑れるようになれば、そこには壁が訪れます。

その時にアルペン(アルパイン)スタイルという選択肢、もしくはエアーを楽しむという選択肢が出てきます。

その辺りはスキーも同じかもしれませんが、スキーの場合は両方をうまく調和させながら楽しむことができるのではないでしょうか。
 
ちなみに、スキーから始めた人はスノーボードをすんなり滑れるようになれ、スノーボードから始めた人はスキーもすんなり滑れるようになるようです。

つまり、コツさえ掴んでしまえば滑るということに関してはどちらも同じようなものなのです。

どちらを選択するか、それはあなたの楽しみ方次第です。
 
 
スキー・スノーボード関連の他の記事もご覧ください。
*スノーボードに必要な持ち物!初心者はコレを用意しよう!
*スノボはリフトの降り方が難しい!もう失敗したくないあなたへ・・・

SPONSORED LINK
 

 - 趣味とスポーツ

  関連記事

オリンピック
東京オリンピックでボランティアとして働きたい!

2020年のオリンピックが東京で開催されることが決まっています。 東京がアピール …

ルービックキューブ
ルービックキューブの簡単なそろえ方

Googleのホームページを見てみると、ルービックキューブが出てきました。 しか …

スーパーカブ1
スーパーカブが立体商標???

スーパーカブを御存知でしょうか? 蕎麦屋の出前に使われているバイクと言えばイメー …

LIG93_camerawomukeruhiroyuki1194500
一眼レフとコンデジとミラーレスの違いって何?

姉がミラーレス一眼というやつを買ったと自慢げにFacebookに投稿していました …

親子自転車イラスト
自転車の雨カバー!子供が濡れない安全な方法はコレ!

  こんな感じの子供用の雨カバーを自転車に装着して走っているママさんを見たことが …

ミニバラ5
ミニバラの育て方を教えて!室内でも花は咲く?

何か小さな花を育ててみたい!!   そんな方にオススメなのがとっても可愛いミニバ …

マラソン
東京マラソンの抽選結果発表!今年もやっぱり落選?

毎年2月に行われる東京マラソン。今年もやっぱり抽選漏れでした。 東京マラソンで走 …

自動二輪イラスト2
大型自動二輪免許を取りたい!中型飛ばしていきなりOK?

アラフォー女子のやす子さんは子育ても落ち着いてきて、自分の時間を持て余しているよ …

花火
花火写真の撮り方について考える

夏と言えば花火大会ですね。日本の花火はとっても美しいです。 その美しさを写真に残 …

クリスマスローズ
クリスマスローズの花言葉は「不安を取り除いてください」

クリスマスローズって聞くと、名前に「クリスマス」って入っているので、クリスマス頃 …