知りたいことだらけ♪

知らないことだらけ♪知りたいことだらけ♪

*

スライドショー作成はこんなに簡単♪

先日、どうしても人が足りないということで、剣道大会の審判員を依頼されました。
更に、写真担当の人も休みになっちゃったので、写真を撮って貰えないかと依頼されてしまいました。
審判員なので、審判の合間に。
撮影ができなければ、閉会式と大会の様子を何枚か・・・
ということでお願いされました。

というわけで、無い腕を振るって写真撮影に勤しんだわけです。
室内スポーツの写真撮影はやっぱり難しいですね。
ISO感度を800にしてもやはりシャッタースピードは追いつかず、ピンボケ写真ばかりになってしまいました。

しかし、そんなピンボケ写真を誤魔化して、しかも皆に喜ばれる方法があります。
それがスライドショー。
スライドショーの魔法は凄いです。
つまらない写真でもスライドショーにすることで動いているように見えるのです。
作成したスライドショーがこちら。

スライドショーの作成はとっても簡単なのですが、意外と皆さん作り方を知らないようです。
結婚式の写真なんかをスライドショーにしてプレゼントしたこともあるのですが、かなり喜ばれるので一度お試しください。
 

SPONSORED LINK
 


 

スライドショーはフリーソフトで作れる

スライドショーを作るのに特別なソフトが必要なのでは?
そう思いがちですが、これが意外。
Windows標準付属ソフトで作成できてしまうのです。
Windows付属ソフトなので、勿論無料です。
ただ、Windows8には標準でインストールされていませんので別途インストールする必要があります。

使用するソフトは、『Windows ムービーメーカー』です。
ご使用のPCにインストールされていない場合は、『Windows Essentials 2012』をダウンロードしてインストールしてください。
ちなみに、インストールする場合は、ムービーメーカーのみを選択してインストールする方が良いと思います。
他のソフトは不要だと思いますので。
 

SPONSORED LINK
 


 

スライドショーを作成してみよう!!

では、実際にスライドショーを作成してみましょう。
操作はとっても簡単です。
 

(1)ムービーメーカーを立ち上げる

ムービーメーカーを立ち上げて新規に動画を作成します。
 

(2)スライドショーにしたい写真を取り込む

ムービーメーカー1
メニューより「ビデオおよび写真の追加」ボタンを押すか、写真を直接ドラッグ&ドロップしてください。

写真を追加するとこうなります。
ムービーメーカー2

もう、この時点で再生ボタンを押すとスライドショーとして見ることができます。
 

(3)効果を付ける

更に、効果を付けましょう。
効果は写真それぞれに追加できるのですが、手間が掛かるので、「自動で移動および拡大」というボタンを押して、全ての写真に適用させましょう。
ムービーメーカー3
これだけでかなりプロっぽくなりますね。
 

(4)音楽を追加する

スライドショーにBGMをつけるとより効果的ですが・・・
個人的に楽しむ分にはCDから取り込んだ楽曲を使用することができます。
しかし、YouTubeなどで共有しようとすると、著作権の問題で音が消えてしまいますので要注意です。
著作権フリーのBGMなどを使用する方が良いでしょう。
私はYouTubeでダウンロードしたオルゴール系の曲を使用しましたが、何故か音が消されることはありません。
YouTubeでダウンロードしたものでも、駄目な物が多いので注意してください。

スライドショーの長さを音楽の長さに合わせることもできますし、途中で音楽をフェイドアウトさせることもできますので、色々工夫してくださいね。
 

(5)動画の保存

出来上がったら動画を保存しましょう。
メニューからムービーの保存を選択します。
用途に合わせてサイズを選択してください。
YouTubeでしたらコンピューター用の解像度を選択すると良いでしょう。

以上で素晴らしいスライドショーが出来上がったと思います。
 

スライドショーを皆に見てもらおう!

スライドショーが出来上がったら皆に見て貰いましょう。
個別にプレゼントしたい場合はDVDに保存して渡すのも良いと思います。
専用ソフトが必要ですが、スライドショーをDVDプレイヤーで見ることができますのでとってもおすすめです。

Windows7以前のPCには標準でDVDメーカーがインストールされていますので、簡単にDVD作成ができます。Windows8以降のPCの場合は別途ライティングソフトを準備する必要があります。その場合はこちらの記事が参考になります。
⇒ DVDの書き込みソフト!おすすめはどれ?
 

YouTubeで配信

出来上がったスライドショーを簡単にインターネット上で共有できるのが、YouTubeです。
YouTubeに動画をアップロードするとブログやFacebookなんかにも簡単に貼付けができるようになります。
私の場合にはいつも動画の検索ができないように限定公開を選択しています。
限定公開とすることで、動画のアドレスを知っている人のみが閲覧可能になるので、個人情報なんかが漏れることもなく安心です。

SPONSORED LINK
 

 - コンピュータとインターネット

  関連記事

YouTubeで気になるテレビ番組を発見!これって著作権侵害?

しまった!見逃した~!! とあるテレビ番組を見逃してしまいました。嵐が出演するバ …

LINEプリペイドカードでスタンプが買えない?購入方法教えます!

というわけで、早速買ってきたのがこちらのLINEプリペイドカードです。 でも、こ …

あなたのスマホ!USBケーブルでの充電が遅いのは何故?

スマホの充電に凄く時間の掛かるUSBーブルってありますよね?私の場合、スマホを購 …

動画の作り方は初心者でも簡単!7つのステップで感動的な作品が完成!

職場のA子さんはもうすぐ小学校入学を迎える男の子のママさんです。お子さんの写真や …

LINEアカウント乗っ取り???

昨夜、LINEから通知がありました。 見てみると、 「LINEウェブストアにログ …

買ったばかりのWindows8マシンが異様に遅い件

先日買ったパソコンを使用しているのですが・・・ やはり遅い!重い!!使い辛い!! …

Google ChromeでYoutubeをダウンロードする方法

Youtubeをダウンロードしたい!! Youtubeの動画を見ていると、ダウン …

キーボードにコーヒーをこぼすなんて!?そんな失態時の対処法は?

妻が職場で「贅沢マロンカフェラテ」というスティックタイプのコーヒーを1個だけ貰っ …

Windows8でDVDメーカーは使えない?

Windows8になった我が家のPC。とっても使いにくいです。そして、未だに未解 …

披露宴の余興はムービーを使うのが流行?

先日、姪の結婚式と披露宴に家族で出席してきました。生れた時から知ってるあの子が、 …